Home>2010年08月19日  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHOCK特集を見ました。

2010.08.19 Thu

昨日は急いで帰って、NHKのSHOCKの特集を見ました。

光一さんメインだったけど、なななんと!内くんめっちゃ映ってるじゃないかー!!!

J-WEBで特集が放送されるよーって告知を見たときは、
なんとなく、2,3月公演がメインなのかと思っていたけど、

がっつり7月公演ではないか!!!


22:09くらいから見たのだけど、つけた瞬間内くん映っててびっくりしたよー。
と同時に、久々にテレビで見られてうれしいのと、
裏側の様子が見られて新鮮なのと、
とまどいながらもがんばってる様子がほほえましかったり切なかったり(←おかんか!)、
なんだかいろいろな気持ちがこみ上げてきて、感慨深かったです。

光一さんメインではあったけど、
内くんもかなりフューチャーされてましたよね?!

内くんの魅力を引き出すことを考えてる光一さんとか、
初日に楽屋からなかなか出てこなくて、植草さんに励まされてる内くんとか、
舞台上でケガをしていまった内くんとか、

いっぱい内くんの様子が見られて、とってもうれしかったです。

あとは、ちゃんとMAの二人も出てましたね!
米花くんと町田くん。

ふたりともJ-WEBのブログで内くんのことを話題に出していたので、
内くんが二人にかわいがってもらっている様子が見られたのも、とってもうれしかったのです!

あとは二人のダンスはやっぱりすごいのねって再確認。
なんか、体のキレがちがうよね。言われてすぐ振り考えたりとか、すごい。
やっぱりベテランなだけあって、いろいろ任されることもあるんだね。

残念ながらほかに映ってたJr.と思われる人がぜんぜんわかんなかったんだけど、M.A.Dの子とかなのだろうか。

内くんの様子がいっぱい見られてうれしかったけど、
舞台を作るのって本当に大変なことなんだなってのがすごく伝わってきました。

ブログとか読んでるだけだと、
「大変だけど充実してて楽しい」みたいなこととか、
「みんなですごくがんばって作り上げてる」とか、そうゆう内容には触れてるんだけど、

何分、未知な世界なもので、それがどういう風に大変なのかとか、ぜんぜん想像もしてなかったんだけど、
昨日の特集を見て、表舞台は華やかだけど、それを作り上げる過程って本当に職人のような世界なんだなーって思った。

なんかジャニーズってだけで、それこそ事務所入りたての子とかがいきなり出ちゃったりするイメージで、
勝手に誰にでもなんとなく出来るものなんじゃないかーみたいなイメージがあったんだけど、

ぜんっぜん、ちがうね。

だからこそ10年も続けてるのは本当にすごいことなんだなぁ~って、
なんだかすごくリアルな実感として感じました。

尊敬します、本当に。


余談ですが、

私はどうしても光一さんと内くんが一緒にいるのを見ると、
去年のレコメンにゲストで出た光一さんを思い出してしまいます。

後輩のことをあまり知らないという光一さんに、
「じゃー関ジャニ∞全員言えますか?」と聞くよこちょ。
即座に「8人やろ?」と答える光一さん。
「今7人ですよ!」とよこ。
しばしの失笑の後、
横「今7人というか、まぁ・・・」
ヒナ「現状はね!現状7人ということです」

この一連の会話が、どうしても頭をよぎる。

光一さんは内くんと舞台で共演することになって、
そこらへんのことちゃんと理解したんだろうか?とか、なーんか気になってしまいます。

まぁいいんですけど。


それにしても、
昨日の特集の中で、私的にいちばん良かったのは、
初日になかなか楽屋から出てこない内くんを、植草さんが迎えに行くところ。
内くんが抱えているであろうプレッシャーがすごい大きいということと、
それらを全部わかってて、内くんを励ます植草さん。

あったかい先輩って、本当にかけがえのない存在ですね。

それと同時に、内くんのリアルな表情が見られて、とても良かったです。
表に出てるときの内くんって、なんとなく飄々としてるというか、強がっているというか、そんなふうに感じていたので。

あ、そういえばガイズ&ドールズの大阪公演も始まりましたよね。
舞台続きで大変でしょうけど、がんばって輝いているであろう内くん、影ながら応援しています。

そして光一さん、本当にお疲れ様でした。
ソロツアーもがんばってください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。